2011年03月07日

手汗がひどい 原因と対策

手汗森01.jpg
汗でペンや紙が濡れてしまい、仕事になかなか集中することのできなかった私でも、
今ではマウスやキーボードが濡れることもなくなり、手汗の心配が全くなくなった方法がこちら










あなたも手汗の原因は、


warkshop2.jpg

■何かの病気を持っている

■毛穴や皮膚に異常がある

■体質的に多汗症


だと思っていないでしょうか???






水分を控えるようにしたって、汗が出てくるのを止めることはできません。


手の多汗症を解消するには、自律神経と言う普段は意識することのない部分の働きを正常に戻す必要があり、

そのためには、日常生活のちょっとした心がけをすれば誰にでも完治可能です。

images (4).jpg







こんな話をしてくれたのが手汗について20年以上も研究を続けてきた森潤平さんと言う人で、

彼が考案した寝る前治療法・手汗改善マニュアルでは、モニター1000人のうち94.3%が1か月以内に症状が改善したという効果を上げています。

images (3).jpg


森さんの治療法は、薬を使うことがないので副作用が全くありません。

また、高価な機材を使用したり、病院に通う必要もないので、お金も時間もほとんどかかりません。


入浴時にやること、普段の呼吸で意識をすることなどなど、一人で簡単にできることが中心となっていて、

性別や年齢に関係なく効果が期待できる方法となっています。

手汗森02.jpg




具体的にどんなことをしていくのかと言うと、詳しい説明がこちらにありますので、

ここでは要点をまとめて紹介をすると、



手汗森05.jpg

■入浴法、呼吸法、○○法の3つのステップ

■その場で手汗を止めてしまう方法

■手汗を改善させる食事

■身体を芯から健康にする正しい入浴法



こんな内容となっていて、森さんのホームページでは、

実際に試してみた人たちの体験談が紹介されています。



手汗森03.jpg

このマニュアルを試して次の日に効果が実感できました

1週間ほどで効果が現れました

手汗の根本的な原因から治しきるのはこの方法だけだと思います。

続けていくと手汗が減っていることに気づき、毎日が楽しくなりました





彼らの体験談にあるとおり、

寝る前治療法・手汗改善マニュアルでは、寝る前の簡単なエクササイズを中心に、

手汗を引き起こす自律神経の不調の原因(体の歪み・横隔膜の異常など)に対して直接作用するやり方なので、

あなたも↓のような結果を、短期間で手に入れてしまって驚くと思います。


images (5).jpg

■手汗の名医を熱心に探す必要がなくなる

■ハンカチを忘れても気にならない

■あからさまに嫌な顔をされることがなくなる

■手術をしないので後遺症の心配もない

■快適な毎日を送れるようになる



手汗森08.jpg

タオルで手の汗をぬぐうことがほとんどなくなり、スポーツや仕事に集中して取り組めるようになるにはこちら








恋愛テクニック
恋愛テクニック
卓球上達法
posted by 森潤平 at 16:42| 手に汗をかく 病気 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。